カテゴリ: 大切なメッセージ☆彡

皆さん、こんにちは♪
春うらら 素敵な週末をお過ごしだったでしょうか?

私は、販売店様へのご挨拶がてら、福島県いわき市へ祖父母のお墓参りに行って参りました
お供物の種類が少なかったのですが、ご先祖様の好物だった飲み物や和菓子など、
それから、賑やかに春らしいお花もお供えして、日頃の感謝を伝えてきましたよ

それにしても、写真の撮り方。。。下手くそ💦
美味しいお供物を狙って、カラスさん達が集まって来たので慌てて撮影。。。
この後、ちょっと目を離した隙に「お団子🍡泥棒」に遭いました
お墓参りお墓参り



「先祖供養」






 昨年から、形骸的なだけではなく、きちんとご先祖様に届いて
 効果のあるご供養をしたいと思い
 けいこヴァールハイトさんが教えて下さる
 『先祖供養』のテキストを購入して実践しております
 
 けいこヴァールハイト氏
 『先祖供養』動画&テキストBOOK

 https://loveblooms.base.shop/items/68085379

以来、今まで以上にご先祖様を身近に感じますし、見守って下さっているサインもキャッチしやすくなりました
また感謝の気持ちが育つと共に、自分自身のルーツというに対してより興味を持つようになりました。
宗派に関係なく活用できる一生ものの情報ですので、皆さんにもお薦めします

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ところで、本当にすみませ〜〜〜ん💦 
私、前回お約束した記事を週末までに投稿できませんでした。。。

春分
 『3月21日:春分の日
 にちなんだ動画のシェア
だというのに、
 もう直前の1日前

 1日前だけど、でも とっても大切なので、
 今更ながらシェアしますね

 必要な方に届きますように・・・。


IMG_9701
 けいこヴァールハイトさん(スピリチュアル・メンター)
 「自分の最高最善を生きる」をモットーに、
 独自のスピリチュアルメソッドを確立。
 呪術や根深いブロックの解除セッションはじめ、
 見えない世界の真実を伝えるべく国内外で活躍中。

 https://www.youtube.com/watch?v=YFJUWU4Ugqw

IMG_9700
 並木 良和さん(スピリチュアル・カウンセラー)
 人種、宗教、男女の垣根を越え、高次の叡智に繋がり
 宇宙の真理や本質である「愛と調和」を世界中に広める
 ニューリーダーとして、ワークショップ、講演会のなどを開催中。

 https://www.youtube.com/watch?v=QAf4JdzilAI



『スピリチュアル』をカルトだ!怪しい!と思うのはもう時代遅れ

『スピリチュアル』って本当は、昔から当たり前のように私達の中に根差していた
【魂の本質を生きる】ということ、そのものなんです


では、なぜ昨今の私達は「スピリチュアル=カルト・怪しい」と、間違えた概念を刷り込まれて来たのでしょうか

これまでの政治や経済や医療を牛耳ってきた支配者達にとって、
私達一人ひとりが本来の自分の能力を取り戻し、生まれて来た意味を思い出し
『本質に沿った生き方』をされたら、私達を自分達の利益を生むための奴隷として
思うままコントロールできなくなる
からです。

だからこそ、わざわざ人々を依存させ、お布施を搾取し、
不安や恐怖を煽って洗脳する悪質な新興宗教を沢山作って
ネガティブなイメージを付け、レッテルを貼り、正しい信仰心さえ忘れさせ、
あらゆる手段を使って、私達を本質的な生き方から、遠く遠く遠ざけて来たのです。

地球の周波数がますます急上昇するこれからの時代、
私達が、心も体もより健康的に、豊かに穏やかに人生を謳歌していくためには、
『失わされて来た大切なものを今、思い出さなければなりません。
そのためにも、是非、怖がらず、警戒し過ぎることなく
目には見えないエネルギー領域の情報に触れることに、チャレンジして頂きたいと思っています

長くなりましたが、本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
山口.K

さて、早速 Vol.1の続きです。

TVの画面越しに、亡くなったお爺ちゃんがゆっくりした口調で語り掛けて来たんです。
なんて説明したらよいのか、チャネリングというかテレパシーと言えば伝わるでしょうか?

そして驚いたことに、お爺ちゃんが語ってくれた言葉は、私の予測とは全く異なるものでした。
3.11
『もうこれ以上、私達みたいに、愛する人達にお別れもできず、
突然 暗く冷たい中で沢山の命が奪われるようなことがあっては
いけない。いい加減、みんなが
【本当の絆】を思い出さなきゃいけないんだよ。
損得勘定や「自分だけ良きゃいい!」じゃなくて、
嘘偽りのない優しさ、思いやりを取り戻すんだよ。
みんなにも伝えてちょうだい・・・。』


勤務中でしたが、後から後から涙が溢れてしまって、トイレに駆け込みました

突然 怖い冷たい悲しい苦しい辛い思いをしながら
理不尽にも命を奪われたというのに、
お爺ちゃんから伝わってくるエネルギーと言葉は、とっても穏やかで優しかったです。
そう、私達がいつの間にか失ってしまった『大切なものを思い出すようにと・・・。


これが命がけで伝えてくれた、お爺ちゃんの愛に溢れた『最期のメッセージ』でした。

3.11
一見、理不尽にも一瞬で多くの命が奪われてしまった悲しい出来事でしたし、
ご遺族の皆さんも心を痛めて深い悲しみを体験されました。

ですが乗り越えつつある今、改めて「魂の世界」からみると
多くの方が命をかけて、私達に大切なことを気づかせるために
重要なお役目を果たして下さった
のだと思います。


コロナのパンデミックを皮切りに、これから世界中で様々なことが起こります。
一見、ネガティブで混乱したカオスのような事態となることもあるでしょう。

ですが、全てがお爺ちゃんのメッセージのように、
私達がいつの間にか失ってしまった『大切なもの』
そして、知らず知らずのうちに奪われてきた『大切なもの』
取り戻すために起きている重要な変化であることを どうか忘れずに、
メディアからのネガティブエネルギーに屈することなく、
毎日を明るく元気いっぱいにお過ごし頂けたら幸いです。

お爺ちゃんお婆ちゃん
最後に、3.11に限らず
命がけで大切なメッセージを伝えて下さった全ての存在に
そして、このお爺ちゃんに、
心から感謝の気持ちと共にお祈りを捧げます。
お爺ちゃん、ありがと。
やっと皆に伝えられたよ

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
次のブログもお楽しみに
山口.K

皆さん、こんにちは いよいよ2022年も2週間となりました。
お一人お一人、今どんなお気持ちでお過ごしでしょうか!?

この数年は、コロナのパンデミックを皮切りに、政治・経済・医療・教育、様々な面で
あらゆる嘘偽り、不正や犯罪、悪しき行いが露呈し、粛清・改革が始まりつつあります
ですが、これに対抗して、ダークサイドは更なる不安を煽り、
私達が力強く立ち上がることを拒むために無気力・絶望状態に陥れようと、
日々 経済恐慌や食糧危機、事件や事故などネガティブ情報の垂れ流し


これは、決して【陰謀論】ではなく、今まで政治や経済を牛耳って来た存在達による
ネガティブエネルギーを蔓延させる『マインドコントロールなんです

ですから皆さん、このネガティブキャンペーンにまんまと屈してはいけませんよ

また前置きが長くなりましたが、今日は 皆さんが決してネガティブに負けないように
「あの日」から11年経った今、3.11で亡くなったお爺ちゃんが最期に残してくれた
とっても大切な「命がけのメッセージを、皆さんにお伝えしたいと思います。

※2022年冬の「きれい茶通信 」掲載記事です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
3.11
東日本大震災は、2011年3月11日14時46分頃に発生。
三陸沖の宮城県牡鹿半島の東南東130km付近で、
深さ約24kmを震源とするマグニチュード9.0。

これは、日本国内観測史上最大規模、
アメリカ地質調査所(USGS)の情報によれば1900年以降、
世界でも4番目の規模の地震でした。〜 内閣府 防災のページより 〜

以前、私が幼少期からサイキックであったことをお話しました。
今回は、それに関連した心に響くお話です。

当時 私は、東京大田区下丸子で訪問マッサージと整骨院の業務に従事していました。
地震の直後、街中の信号が止まり大混乱の中、とにかく安否確認ということで
スタッフ総出で寝たきり独居の患者さん宅を巡回しました。
幸い、患者さん達は皆さんご無事で、心底ホッとしたのを今でも覚えています。

3.11
それから毎日、恐怖映画のような津波の映像、
崩壊してしまった町の瓦礫の山、避難された方達の様子、
発見されたご遺体の映像が繰り返し報道されていましたね。

ある日、整骨院の待合室のTVに、一瞬
透明のビニールにくるまれ、体育館に横たわっていた

お爺ちゃんのご遺体が、お顔がハッキリわかるほどのアップで映し出されました。

「どうしてこんな映像を平気でアップするの? 亡くなった方に対して失礼じゃない・・・。」
そう思った瞬間「あっ、繋がってしまった。。。」と感じたんです。

すると、TVの画面越しに、亡くなったお爺ちゃんがゆっくりした口調で語り掛けて来たんです。
なんて説明したらよいのか、チャネリングというかテレパシーと言えば伝わるでしょうか?

そして驚いたことに、お爺ちゃんが語ってくれた言葉は、私の予測とは全く異なるものでした。

次へ続く・・・

▲pagetop