2015年02月24日

人生初の手作りお味噌に挑戦してきました♪ 奥深い発酵の美学 Vol.1(*^^)b

皆さん、こんにちは

ようやく春の温かな陽射しを感じる季節となってまいりました♪
皆さま、お風邪などひかずにお元気でお過ごしですか

さて、1年で最も冷え込む 『大寒』 の時季に、私は、人生・初
お味噌作りを体験してまいりました この時季に作るお味噌や醤油、お酒などは
『寒造り』 と呼ばれ、古くから美味しいと言われているそうです。

味噌 沖ヨガのインストラクターをしつつ
 マクロビオティック料理を勉強された
 素敵なお友達がい〜っぱい(´∀`*)

 ”お味噌作り・初体験” の私は
 皆が前もって準備してくれた後で
 当日お邪魔したんです・・・(笑)


下準備 : 前日の晩に大量の大豆を洗い、お水に浸しておきます。
         吸水すると、大豆は約2倍の大きさになるんです。

味噌味噌







 大豆を煮る : 大量の大豆をたっぷりのお水でひたすら煮る。
           アクを取り、お湯を足しながら、愛情かけて柔らかくなるまで煮ます。 

 大豆をつぶす : 豆が煮あがったら煮汁をとっておき、熱いうちに煮汁をきります。
             とっておいた煮汁には、熱いうちに塩を加えて「種水」を作っておきます。
             大豆が熱いうちに、マッシャーでペースト状になるまでつぶします

※ この時、同時進行で 『みそかめ』 を準備しておきます(*^3^)b

 みそかめの準備 : 用意しておいた『みそかめ』の内側を、布巾やリードペーパーなどに
               アルコールを含ませて念入りに拭き、消毒しておきます。
               かめの底に塩(1〜2つまみ)をまんべんなくふり入れておきます。

味噌味噌







 こうじと塩を混ぜる : 大きめの鍋やボウルに米こうじと塩を入れ、
                両手ですくい上げながらよ〜く混ぜます。 
                『美味しくな〜れ』と、優しく愛情たっぷりこめて混ぜること


※ ここまでが前半の工程です
 後半の工程は、この後Vol.2で詳しくご紹介しますね では、お楽しみに〜

山口.K

sarasarakirei at 08:00│

▲ pagetop